医者・カウンセラー(男性)

病気を治すには「否認→受容→感謝」のステップを踏む必要がある! 大切なのは5つの「頑張らない」

『頑張らなければ、病気は治る―――がん、うつ、慢性疾患や難病・・・すべて「頑張らない」から治るのです』(樺沢紫苑 著/あさ出版)

「完全に治す」ではなく「今よりよくなる」を目標にすれば「病気になったおかげで、自分の人生を見直すきっかけになった。病気になってよかった」と思えるかも。

書籍情報

評価
購入形式(紙・Kindle・Audible) 紙/Kindle
出版社 あさ出版
試し読み 不可
紹介ページの充実度 普通(Amazon紹介ページ

誰がどんな立場で書いた本?(年齢、職業、経験・キャリアなど執筆背景)

著者名 樺沢紫苑
執筆時の年齢(出版年-生まれ年) 51歳(2016年出版-1965年生まれ)
執筆時の職業、プロフィール 精神科医、作家、映画評論家
経験・キャリアなど執筆背景 精神科医になって20年。アメリカの精神医療を学び(3年間留学)、インターネットを介して不特定多数の患者とも交流。

あとがきに「なかなか治らない病気を治す本を書きたい。何年も前から温めてきた企画」との記述あり。

著者の関連サイト
精神科医・樺沢紫苑公式ブログ
@kabasawa – Twitter
精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル – YouTube
樺沢紫苑 – Wikipedia

執筆経験、本書の準備期間
過去の著作点数: 10点以上
前作から本書発行までの経過期間:
『毎日90分でメール★ネット★SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法』より1カ月

売れゆき(刷数・発行部数、書店ランキングなど)

情報なし

主観による評価

文体・雰囲気・謙虚さ 全体的に上から目線な感じは否定できない。
他書からの引用、参考文献 巻末に参考文献(14点)を明記
誤字・脱字 特に気づかず
タイトルと内容のギャップ 特に問題なし

※【参考文献】を掲載している例として、樺沢紫苑氏の著書をこちらで紹介しました。

感想

医療分野にとどまらず、数多くの著書を手がける、樺沢紫苑氏の本。

「頑張らなければ……」というタイトルから、読者への優しい言葉を期待するかも知れない。

しかし、簡単に裏切られるので注意した方が良い。
心が弱っている人には、あまりオススメできない。

冷静に読み進められる方、あるいは「毒あり」と認識の上であれば【取扱注意】だが読んでもいいかも知れない。

ゆるいメンタル本に「こんな感じで本当に大丈夫だろうか?」とたまに不安になることもある方(疲れている時はそれでいいんですよ!)や

「たまにはビシッと言って欲しい」

なんて思える方には、刺激があっていいかも知れない。

ピックアップ

樺沢氏は、病気を治すには「否認→受容→感謝」のステップを踏む必要があると述べている。

「否認」→「受容」

「受容」のステップに進むにあたり、5つの「頑張らない=闘わない」の実践を挙げている。

【頑張らない=闘わない】こと

  1. 闘病を頑張らない
  2. 名医探しを頑張らない
  3. 「自分を責めること」を頑張らない
  4. 「薬を疑う」ことを頑張らない
  5. 完全に治そうと頑張らない

「うつ病になったおかげで、過労死を回避できた」
「病気はあなたの味方」と考えるのが①。

以下、まとめると

病院を転々とすれば、診察はイチからやり直しで治療開始が遅れる(②)。
樺沢氏によれば、同じ医者に3回は通院して欲しいそう。

「ああしておけばよかった」「こうしておけばよかった」などの自責の念はストレスとなり、逆効果。すべきことは「責める」ではなく「ゆるす」こと(③)。

副作用がつきもの、必ず効くとは限らない薬だが、「飲んでも効かない」と思って飲むと効果は出ない。プラセボ(偽薬)の効果が実証されているように、信じて飲めば本来人間が持っている「自然治癒力」が発揮されやすくなる(④)。

「完全に治す」を目標にするのは100点満点を目指すことは、不安やストレスにより自然治癒力を低下させる。「今よりよくなる」を目標にすると、「よくなってる」「こんなに治ってる」と思えて、自然治癒力が高まって更に治っていく(⑤)。

「受容」のコツ

「病を克服した人の手記」(本)を読む
治癒するまでの経過をあらかじめ知ることで、自分が今のどの辺にいるのかがわかる。回復後のイメージが湧きやすく、不安が減る。

不安が減れば、「自然治癒力」も高まる。

「受容」→「感謝」

「完全に治す」ではなく「今よりよくなる」を目標とすることで、「治っている」と実感しやすくなる。すると自然に「感謝」の気持ちが湧きあがる。

今まで「敵」であり「闘う対象」であった「病気」に対しても、「病気になったおかげで、自分の人生を見直すきっかけになった。病気になってよかった」と感謝の言葉も出るようになる。

出典:『頑張らなければ、病気は治る』(樺沢紫苑 著/あさ出版)

アメリカの実験では、感謝することで「健やかな行動」が促されて、病気の症状が少なくなるという報告があるそう。

競泳の池江璃花子選手と病んでいる私たちに「病気になってよかった」と思える日はくるのか?「けがをしてよかった」と言えるか? 元プロテニスプレーヤーの松岡修造氏は、著書『弱さをさらけだす勇気』で「けがをしてよかった」という話...

本書のストーリーはこんな感じ。

全体的に「治らないのは患者が悪い」というニュアンスが感じられなくはないが、素人が中途半端な知識や経験論で、医者・治療法・薬についてケチをつけるよりは、これらを信頼した方が良い。

多少の【上から目線】を差し引いても、豊富な医師としての経験に加えて、読書や映画などのコンテンツからのインプット量をふまえれば、【闘わない】で【信頼】して読んでみてはいかがだろう。

【がんばらない】をポジティブにとらえた本のピックアップ【がんばらない】(努力しない、一生懸命やらない等)をポジティブにとらえた本をピックアップしました。【あきらめる・逃げる】については少々ニ...
当サイトには主観で書かれた記事が含まれています。特に病気に関する記事は個人的な見解であり、医学的な根拠にもとづくものではありません。心や体に異変を感じたら、早めに医師やカウンセラーに相談して指示に従ってください。また、事実と異なる記載や不適切な記述がございましたら、誠意をもって対応いたします。大変お手数ですがお問い合わせフォームにて情報提供いただけますようご協力のほど宜しく願いいたします。