医者・カウンセラー(男性)

【自己肯定感】を高めるにはまず「肯定すると決める」

『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由 ~人間関係のカギは、自己肯定感にあった~』加藤隆行 著/小学館

職場の人間関係に行き詰まった時に、【自己肯定感】に着目して対処する方法について書かれた本。

書籍情報

評価
購入形式(紙・Kindle・Audible) 紙/Kindle
出版社 小学館
試し読み 不可
紹介ページの充実度 普通(Amazon紹介ページ

誰がどんな立場で書いた本?(年齢、職業、経験・キャリアなど執筆背景)

著者名 加藤隆行
執筆時の年齢(出版年-生まれ年) 48歳(2019年出版-1971年生まれ)
執筆時の職業、プロフィール 心理カウンセラー
経験・キャリアなど執筆背景 システムエンジニアとしてNTTに入社するも体調を崩し、3度の休職と入退院を繰り返す。宗教、スピリチュアル、脳科学、心理学を学び、2015年に退職して心理カウンセラーとして独立。

著者の関連サイト
ココロと友達

執筆経験、本書の準備期間
過去の著作点数: なし

売れゆき(刷数・発行部数、書店ランキングなど)

情報なし

主観による評価

文体・雰囲気・謙虚さ 誠実で熱く語りかけてくる感じ。
他書からの引用、参考文献 巻末に参考文献(12点)の記載あり
誤字・脱字 特に気づかず
タイトルと内容のギャップ 副題の「人間関係のカギは、自己肯定感にあった」が内容を示している。あえて「無敵」と打ち出すことで胡散臭さが出てしまい、個人的には残念(内容から感じられる著者の誠実な印象が損ないかねない。表紙デザインもインパクトはあるが同様に残念)。

感想

なるとし
なるとし
この本を自信をもってオススメします!!

著者の思い入れが感じられる、つらい時に何度も読み返したくなる本。

参考文献も巻末にしっかり示されている点も好感が持てる。随所に描かれるイラストも単なる雰囲気出しではなく、文章を上手に図解表現している感じがして分かりやすい。

【自己肯定感】の低い人のタイプには、「反抗タイプ」(他者からの肯定が得ようとして「自分は悪くない」と怒りで訴える)と「悲観タイプ」(自分は何もできないと悲観し哀れみで同情を得ようとする)の2パターンあり、各々のタイプの対処法が示されている。

ピックアップ

「どうせ」は「やっぱり」を連れてくる

自分のことを「どうせ〇〇」と思っていると、「やっぱり〇〇」という現実が訪れます。

出典:『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』(加藤隆行 著/小学館)

「どうせ」という言葉の後には、たいていネガティブな言葉が入りがち。〇〇に入る言葉があなたの自己否定ですよ、との著者の主張に納得。なるべく「どうせ」を言わないようにしたいものである。

とにかく肯定すると「決める」

まずは、「自分が自分を否定していたから、人生がうまくいっていなかったのだ!」ということを徹底的に認め、「もう自分は自分を否定するのをやめるんだ」「すべて肯定するんだ」と「決める」ことがスタートになります。

(略)

ただここでひとつ、最大級に気をつけて欲しいことがあります。

「決めてもまた否定してしまう自分」さえも否定しないこと!

出典:『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』(加藤隆行 著/小学館)

本書を読んで、一番衝撃を受けた言葉がこれ。

【自己肯定感】が低いと、結局は自分にダメ出ししてしまいがち・・・ でもそれを先回りしてアドバイスしてくれるところに感動。

「自分はやっぱりダメ」の無限ループに陥らないよう、「ダメでいい」と肯定すること、「ま、いっかぁ~」と言って受け入れることが大切。

【自己肯定感】を取り戻す3つの習慣

  1. いつも自分を「ねぎらう」
  2. 「自分にOKグセ」をつける
  3. ネガティブ感情だからこそ肯定する

出典:『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』(加藤隆行 著/小学館)

自己否定をやめれば、心に隙間が出来てくる。その隙間に幸せや心地よさを感じられるものを取り入れていけば、「無敵」になれるそう・・・

「無敵」というのは、ちょっと言い過ぎな気がするが、読む価値のある本であることは間違いない。

【自己肯定感】①医者・カウンセラーが書いた本のピックアップ医者・カウンセラーが書いた【自己肯定感】がテーマの本をピックアップしました。発行年月が新しい順に並んでいます(医者・カウンセラー以外の著...
【疲れた心が楽になる】メンタル本を探すためのヒントこちらの記事では、【疲れた心が楽になる】メンタル本を探すときに3つの着眼点についてご説明します。 「しんどいな・・・」と感じたとき...
当サイトには主観で書かれた記事が含まれています。特に病気に関する記事は個人的な見解であり、医学的な根拠にもとづくものではありません。心や体に異変を感じたら、早めに医師やカウンセラーに相談して指示に従ってください。また、事実と異なる記載や不適切な記述がございましたら、誠意をもって対応いたします。大変お手数ですがお問い合わせフォームにて情報提供いただけますようご協力のほど宜しく願いいたします。